辻界存のプロフィール


アフリカ_0001.jpg辻界存(つじかいそん)7月31日生まれ。 ボイストレーナー、ボーカル・コーチ 

映画演劇の松竹社員から、転身。

以降、早稲田大学教育学部特別講師、ミュージカルカンパニー・イッツフォリーズ講師、明治座アカデミー講師、松濤アクターズギムナジウム講師を歴任。御苑ボイススタジオ主宰。

 

界存、声と出会う

子供のころ、遊びに行った伊豆で、坂道を全速力で、走っていたら、「そっち行っちゃ駄目!」という声が聞こえました。その声で、走りやみ、気付いたら、崖の淵に立ってました。振り向いたら誰もいませんでした。

 

誰が、私を助けてくれたのか?分からないまま、そのせいなのか、段々と、人の声に強い関心を持つようになりました。

声と出会いたい。その思いが日増しに強くなっていき、 そうして、数多くの歌声を聞くようになりました。

一方、自分の声は、好きでなく、歌も上手くなりませんでした。

 

界存ボイトレ難民時代

どうしたら、歌が上手くなるのか分からず、ジャズの教室や、ポピュラーボーカル教室など、色々尋ね歩きました。

ある教室では、「口が小さい」と言われました。お金を払って習いに行ってそれが、アドバイス?果ては、「カラオケで歌ってそうですね」とか、「変な鳥みたいな裏声だ」と、感想だけで、アドバイスさえ、ない教室もありました。どこに行っても、音階練習をやらされます。音階練習なら小学校の時から、授業でやってきましたが・・・。それで、上手くなる訳ではないですし。

そうして、時が過ぎてしまいました。相変わらず、自分の声が好きではありませんでした。
悩めるボイトレ難民界存に光明差す文明開化時代

ところが、松竹に就職してから、松竹歌劇団の製作に関わっていた時に、LAのボイストレーナー、ジョー・エステル氏(声帯運動機能の多様な強化方法を、メソッド化した)N・Yのボーカル・コーチ、ピーター・ハワード氏(バーブラ・ストライザンド、ライザ・ミネリらの歌唱指導)ら、と交流する機会があり、彼らの世話を2年間にわたり、続けているうちに、アメリカのトップクラスのボイストレニングおよびボーカル・コーチのノウハウに触れることが出来ました。 ずっと、悩み続けていた答えが、こんな形でもたらされるとは!求め続けてきた気持ちが、幸運を呼んだのでしょうか?


居酒屋「八剣伝」にて毎晩ボイトレメソッドに接した時代

 

とりわけ、ジョー・エステル氏のメソッドは、「ボイトレ難民」の私には、新鮮な驚きでした。なるほど!こうすれば良いのか!の連続でした。

今まで、習った教室などでは、発声に関して「、歌う時は、力を抜いて」というくらいでした。ジョー氏は、逆に、「歌は力を入れなければ、歌えない」というお考えでした。

その他、今まで、聞いたこともない、アメリカの一流の新鮮な技術が、どんどん紹介されました。

そのおかげで、今まで、声の正しい出し方を、全く教えてもらえず、腑に落ちなかったものが、はっきりしてきました。

仕事が終わった後も、ジョー氏の食事に毎晩のように付き合い、メソッドの話をむさぼるように聞きました。しまいには、炭焼きバーベキューのトウモロコシを頬張りながら、「こんなに毎晩付き合ってくれて大丈夫なのか?」と逆に心配されるほどでしたが、私は、素晴らしいメソッドを、出来るだけ詳しく聞きたい一心で、すかさず、ジョー氏の好物の焼きトウモロシをお代わりしました。
 

創業百周年を記念して退社?の時代

恒例の焼きトウモロコシ攻めを繰り返しているうちに、いつのまにか、自分でもジョー氏の「七色の声」が出せるようになってしまいました。それは、話し声にも、歌声にも影響してきました。同時に気持ちが豊かになっていました。「七色の声」は、色々な声を、出すことによって、自分の気持ちを広げていけるものでした。そしてこんな良いものを自分でも広めたいと、思うようになり、ジョー氏の薦めなどもあり、松竹を退社し、音楽教室を開きました。 

 

せっかく、就職して、9年間もお世話になった会社を辞めてしまうことに、不安も、ありました。それよりも、発声の秘密が、分かり、自分も変化したことで、同じような悩みを持っている人の力になりたいと、思う気持ちが勝りました。

  悩めるボイトレ難民から悩めるボイトレ難民達へ”カイソンシステム”発信の時代

カイソンシステムは、ジョー氏のシステムをそのまま教えているわけでは、ありません。

ジョー氏は、5,60人の劇団員を教えていましたが、ジョー氏のシステムに、ピンと来ていない人が、半分以上いました。こんなに素晴らしいシステムなのに、どうしてだろう?と、不思議でした。

ジョー氏のシステムは、氏自身も「私のシステムは、初心者よりも、歌の経験が豊富な人のほうが理解されやすい」と、仰っていましたが、私は、誰にでも、分かるシステムに出来ないものだろうか、と思い、ジョー氏のシステムをひとつひとつ検証していきました。

ジョー氏は、発声機能の強化を、喉周辺の筋肉に絞って、システム化されました。

私は、教えていくうちに、全身の筋肉と発声筋との、相互作用など、もっと全体的に

体系化する必要を感じました。

ジョー氏は、歌うのに、呼吸は関係ない、というお考えでしたが、私は、違いました。

そうして、さまざまなボディーワークなども研究してきました。

それらを体系化したものが、カイソンシステムです。

 

その上、性格によって、声の出方が違うのはどういうシステムなのか、も考えるようになりました。そして、さまざまな、心理学を勉強してきました。とりわけ、「エニアグラム」を、発声の観点から見ていくうちに、その相関性が分かってきました。それも、、加えて体系化しようと研究中です。

 

それは、私のような「悩めるボイトレ難民」の力になりたい一心でした。

現在は、百人十色のさまざまな声と出会えることと、私は、何十年も声を良くしたい、と悩み続け解決策もないまま、でしたが、同じ悩みを持った方の、力になれることが、楽しくて仕方ありません。


趣味:

   洋服作り・・自分の着たい服は自分で作りたい。ジャケット、コートも。

  鞄作り・・・使い勝手のいい鞄を使いたい

  旅行・・かっこ内がお勧め

      インド(アジャンタ、エローラ)

      フランス(モンサン・ミッシェル)

      トルコ(カッパドキア)

      ポルトガル

  スポーツクラブでのダンス(ベリーダンス、フラダンス、ラテンダンスetc)

  野菜作り。 

→ブログ  

 

23984066_2692559652.jpg  アフリカ声の番人.jpg

みんな元気かなあ・・・